流し過ぎに注意

パステルカラーのキッチン

つまらせないよう日頃から注意が必要

トイレは人間が健康的な日常生活を送るうえで欠かせないものです。毎日使うものですから、出来るだけストレスなく快適に使いたいものです。しかし、使用頻度が高ければ高いほど、トラブルが発生する可能性も高くなってしまいます。 一番発生しやすいトイレのトラブルは、なんといっても「つまり」です。一度でもトイレをつまらせてしまった経験のある人は少なくないでしょう。例えば、トイレットペーパーを大量に流しすぎたり、排泄物が流れなかったり、物を落として詰まらせてしまったりと色々なパターンが考えられます。 そのトイレのつまりをそのまま放置してしまうと、水が流れにくくなるだけではなく、逆流して溢れ出してくる可能性もでてきます。ですから、トイレがつまってしまった時はできるだけ早めに対処するようにしましょう。

つまらせてしまった場合の解消法

トイレのつまりには業者を呼ばずに解決できるものもあります。自力で出来る解決方法として誰もが思いつくものといえば、やはりラバーカップを使ってつまりの原因を吸引する方法でしょう。 ラバーカップを便器の奥の窪みになっている部分にしっかりと押しつけ、カップ部分の空気を押し出すように何度も押しては引いてを繰り返します。それを根気強く繰り返せば、大抵のつまりの原因は吸い寄せられて出てきます。原因のものを取り出したら、次はバケツなどを使って少しずつ水を流します。この段階では、まだトイレのタンクから水を流してはいけません。つまりが残っている可能性がある場合、一度に大量の水を流してしまうと水が溢れ出してきて大惨事になってしまうかもしれません。手作業で慎重に水を流してみて、無事に流れるようになれば修理は完了です。 コツさえ押さえておけば誰でもできる解決方法なので、いざという時のために覚えておくといいでしょう。