止水栓の対応が大事

水栓交換

DIYで水漏れの修理をする場合

キッチンにしろ浴室にしろ、混合栓などから水漏れすることはよくあります。昔は、一大事とばかりに業者に修理してもうことが当たり前でした。しかし、現在では水漏れの修理を業者に頼む人は減っています。DIYブームの影響と言えるでしょう。 水漏れの修理には工具が必要になりますが、モンキーレンチやプライヤー類は家にあることも珍しくありません。買う前に持っていないか確認しましょう。 修理する際は、少し注意がしたいことがあります。布を当てずに工具でネジなどをゆるめることは避けましょう。蛇口を傷つけることになります。また、DIYで水漏れを修理するときは、万が一のことを考えて止水栓を閉めてから作業するようにしましょう。

シングルレバー混合栓とツーハンドル混合栓

最近のキッチンでは、シングルレバー混合栓が使われていることが多いです。これは、ツーハンドル混合栓とは構造が全然違います。シングルレバー混合栓が水漏れした場合、中のカートリッジを交換すれば直ることが多いのですが、DIYで修理するのは難しいです。シングルレバー混合栓の修理は、プロに任せた方がいいでしょう。 浴室は依然としてツーハンドル混合栓が主流になっています。ハンドルを閉めても水が止まらない場合は、コマパッキンが劣化しているか、磨耗が原因であることがほとんどです。 また、水側かお湯側かどちらから水漏れしているかは分かりにくくなっています。しかし、悩むことはありません。両方とも交換してしまいましょう。